投稿

みんなで作る物語! PBWについて改めてご紹介

●はじめに  こんにちは、アルパカコネクト運営です。

 まず、ご報告です。
 11月11日(月)まで実施しておりましたアルパカコネクトのクラウドファンディング『《汎用型PBWシステム》「ルルムフ」開発用クラファン!』は、おかげさまで開始13日で目標額の200万円を達成したほか、ストレッチゴール(追加目標)として設定した130%も大幅に超過して終了いたしました。

 最終的には目標額の142%である2,853,800円のご支援をいただき、のべ181名の支援者さまにご協力をいただきました。スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。寄せていただいたご期待に応えるためにも、サービスリリースに向けて引き続き尽力してまいります。
 誠にありがとうございました!

 今回のクラウドファンディングや「100人のVAさんキャンペーン(11/8終了済)」などを通じ、これまでPBWをご存知なかった方からも、アルパカコネクトに興味を持っていただいているようです。
 特にボイスコーポレーター・ネット声優など声の活動をされている方々からの「こんなものがあるんだ!」という反応が印象的でした。PBWの認知度がまだまだ低いことを実感するとともに、知っていただけたらきっと興味を持ってもらえるだろうという手ごたえもありました。

 そこで今回のblogでは、特にイラストレーターボイスアクター(声優)などのクリエイターさんに向けて、アルパカコネクトが「100年先まで残したい!」と考えている遊び「PBW」をご紹介します。
●PBWは「物語を生きる」遊びPBWは「プレイ・バイ・ウェブ」と読みます。
 どんなものか簡単に解説しますと「ブラウザなどを介してシェアード・ワールド上にキャラクターをつくり、他のプレイヤーのキャラクターと一緒に冒険したり交流したりできる遊び」です。

 キャラクターたちの冒険の軌跡は、マスターと呼ばれるクリエイターが文章に起こし、オリジナルのノベルとして残ります。またキャラクターの容姿や冒険の場面などを、イラストレーターに依頼して描いてもらうことができます。キャラクターの声を、ボイスアクターにつけてもらうこともできます。

 そうしてあなただけのキャラクターの、あなただけの物語ができあがります。しかも自分のキャラクターだけでなく、他のプレイヤーがつくったキャラクターと一緒に、その物語を体験できる

11/11終了!汎用型PBWシステム開発用「クラファン」まとめ

●はじめに  こんにちは、アルパカコネクト運営です。

 10月17日(木)より開催しておりました《100人のVAさん大募集!》キャンペーンは、おかげさまで多くの皆さまからの反響をいただき、昨日11月7日(木)に終了いたしました。
 声の活動をされている方々のさまざまな「アルパカコネクト!」コールを聞き、スタッフ一同、大変楽しい時間を過ごすことができました。
 お礼のAmazonギフト500円分は順次送付しております。この度はたくさんのご応募、誠にありがとうございました!

 さて今回のblogでは、11月11日(月)に終了となるクラウドファンディングについて、改めてまとめさせていただきます。
●PBWをもっと楽しく! 追加機能開発クラウドファンディング  アルパカコネクトでは、現在『《汎用型PBWシステム》「ルルムフ」開発用クラファン!』を実施しています。これは、2020年4月のサービス開始以降に実装予定の追加機能の開発を目的として、ご支援をいただくものです。

 対象となる《汎用型PBWシステム「ルルムフ」》の追加機能は、以下を想定しています。各機能の説明は、以前の解説記事もご覧ください。
プレミアムサービス機能アイテム作成機能ダンジョンアタック機能レディメイド機能逆ノミネート機能MSファンクラブ機能 ▼各機能のご紹介
クラファン中のルルムフの機能について解説!①
クラファン中のルルムフの機能について解説!②
クラファン中のルルムフの機能について解説!③

▼《汎用型PBWシステム》「ルルムフ」開発用クラファン!
https://camp-fire.jp/projects/view/194283 ●Tシャツやキャラの前日譚ノベルなど! 多彩なリターン  クラウドファンディングにご支援いただいた方には、ご支援額に応じたリターン(返礼品)を用意しています。
 すでに予定数が終了してしまったリターンもあるのですが、「アルパカオリジナルTシャツ」「初期ワールドアートブック」などのアルパカコネクトオリジナルグッズのほか、「キャラクターの前日譚ノベル」など、PBWならではのリターンもご用意しておりますので、ぜひご覧いただけると嬉しいです。
◆3,000円コースコンテンツ内で使用できるアルパカアイコン&スタンプお礼メールアルパカコネクトポータルサイトにクレジット掲載 ◆3,500円コース ※…

クラファン中のルルムフの機能について解説!③

●はじめに こんにちは、アルパカコネクト運営です。

 最初に、「Campfire」さんで実施中のクラウドファンディングについてのお知らせがございます。
 皆さまの温かいご支援により、「《汎用型PBWシステム》「ルルムフ」開発用クラファン!」は思いがけず早期に目標額の200万円を達成することができました。改めまして厚くお礼申し上げます。

 ご支援くださった皆さまへのお礼の意味も込めまして、このたび「アーリーアクセス権」が含まれるリターンに『キャラクタープロローグノベル』の追加を行いました。
 またストレッチゴール(追加目標)といたしまして、目標の130%を達成した場合、「今回ご支援頂いた方に『プレミアムサービス』を一ヶ月間無料で提供」させていただきます。

 詳しくは、実施中のクラウドファンディングページをご覧ください。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!

▼《汎用型PBWシステム》「ルルムフ」開発用クラファン!

 さて今回のblogでは、クラウドファンディングの対象となっている「ルルムフ」の機能についてお知らせいたします。
 この機能解説も今回で3回目。これまで「プレミアムサービス」「アイテム作成機能」「ダンジョンアタック」についてご説明いたしましたが、今回は「レディメイド機能」「MSファンクラブ機能」「逆ノミネート機能」についてお伝えします。

▼関連記事
クラファン中のルルムフの機能について解説!①
クラファン中のルルムフの機能について解説!②
●レディメイド機能レディメイド機能は、イラストやボイスなどをPBWに最適化された形で提供するコンテンツ『アルパカテーラー』の追加モジュールです。

 通常『アルパカテーラー』は、プレイヤーや運営者などがクリエイターに発注を行い、その内容に沿ってオーダーメイドでイラストやボイスが制作されます。
 しかしレディメイドの場合、クリエイターが自分で制作したい内容を出品し、プレイヤーや運営者がそれを購入する形となります。



 発注に慣れていない初心者プレイヤーも、レディメイド機能を使えばネットショッピング感覚で手軽にクリエイティブ(イラスト、ボイス)を入手できます。また、ポータルサイトでの活動や課金のおまけで入手できるポイントで交換可能な商品も提供予定です。

 もちろん、ベテランプレイヤーがイラストからキャラクター設定を考えるような遊…

PBWワールド1追加情報! 世界観情報を発表

●はじめに  こんにちは、アルパカコネクト運営です。

 今回のアルパカコネクトblogは、2020年4月スタート予定の2つのPBWワールドのうち、狸穴醒WDが担当する『ワールド1:都市型現代伝奇』についての情報公開となります。

 ワールド1についてはこれまでに「ジャンル」および「遊び方の特徴」をお知らせしてきました。今回は「世界観」に踏み込んだ情報を公開します。制作中のNPCイラストの紹介もありますので、お楽しみに!

▼関連記事
気になる世界観は? PBWワールド1の情報を公開!
●舞台は「東京」、キーワードは「夢」 PBWワールド1の世界  東京。異なる価値観を持つ雑多な人々が暮らし、膨大な人生が集う場所。世界でも有数の最新テクノロジーが溢れていながら、その陰には古い時代の面影を内包する。見る者によって姿を変える巨大都市――ワールド1の舞台は、ずばりこの「東京」です!

 しかしワールド1の舞台となる世界は、表向き繁栄を極めているものの、実は危機にさらされています。

 この世界は、無数に存在する平行世界のひとつ。通常、別の世界(異界)とは世界法則が異なるため交わることはありません。
 ですが高度に発達した生物の精神は、ときに無意識を通じて異界との境界を超えてしまいます。特に異界と接触しやすいのが、睡眠時――つまり「夢」なのです。

 こうして誰かが夢を通じて接触した異界は、現実に影響してくることがあります。すると夢の持ち主(ドリームホルダー)である生物周辺の地域で、異様な事件が発生するようになります。これを「侵蝕」と呼びます。侵蝕が進むと異界の法則が現実を取り込み、世界の崩壊を招くともいわれます。

侵蝕を食い止める方法は、ドリームホルダーへ潜って原因を突き止め、それを排除すること。
 一般には知られていませんが、人類の中には古くから夢へ潜る能力を持つ者たちがいます。彼らこそが侵蝕を食い止め、ひいては世界の崩壊を防いできたのです。

 プレイヤーキャラクターは、そんな夢へ潜る能力を持つ者のひとり。彼もしくは彼女は、無数の夢が交錯する大都市「東京」で、どのように生きていくのでしょうか?
●夢と現実、2つの顔を持つキャラクターたち  プレイヤーキャラクターはすべて、へ潜ることができる特殊能力者「ドリームダイバー」です。
昼の姿  プレイヤーキャラクターは昼間、一般の人々…

PBWワールド0の新スタッフを紹介します

こんにちは、アルパカコネクト運営です。

 アルパカコネクトは2020年4月のサービス開始に向け、『ワールド0』『ワールド1』の2つのワールドを準備しています。

 その2つのワールドのうち、ムジカ・トラスさんがWD(ワールドディレクター)を担当する『ワールド0:剣と魔法のハイファンタジー』に、新たなスタッフが参加しましたのでお知らせいたします。

 新たに参加したのは……望月誠司さんです!

 望月さんは各社PBWでのマスター経験のほか、クラウドゲート株式会社のPBW『エリュシオン』でGSD(グランドシナリオディレクター)を務めるなど、非常に経験豊富な方です。システマチックな判定と特徴的な文体、そして熱い戦闘描写が印象に残っている方もいるのではないでしょうか?

 望月さんには主にゲームシステムの調整に協力いただいており、キャラクターを演じるだけでなくゲームとしてもより楽しめるワールドになるよう、ともに準備を進めております。

 メンバーも充実し、サービス開始へ向けて徐々に準備が整ってきています。
 2つのワールドの詳しい情報は2019年12月に公開予定ですので、どうぞ楽しみにお待ちください。

▼関連記事
PBWプラットフォーム開発予定&ワールド0の世界観を一挙公開!
PBWワールド0追加情報! 『世界設定』と『種族』を公開

 今後もアルパカコネクトblogでは色々な情報をお知らせしていけたらと思っておりますので、blogを更新した際にはご覧になっていただけたら幸いです。

 それでは、またの機会に!

クラファン中のルルムフの機能について解説!②

●はじめに こんにちは、アルパカコネクト運営です。

 最初にお知らせです。現在アルパカコネクト公式Twitter(@alpaca_connect)にて、《100人のVAさん大募集!》キャンペーンを実施しております。
 ネット声優、ボイスアクター、VTuberなど、声の活動経験のある方を対象に「アルパカコネクト!」のアイキャッチ用ボイスを送っていただくと、採用になった方にはAmazonギフト500円分を報酬としてお出しします。
 応募方法など、詳しくは公式Twitterをご覧ください。たくさんのご応募をお待ちしております。


 さて今回のblogでは、前回に引き続き、「Campfire」さんでクラウドファンディングを行っているルルムフ》の機能について、お知らせいたします。
(機能についてお伝えすべきことが多くなりましたので、メルマガで予告した掲載予定から内容を変更しております)

 前回はアルパカコネクトの利用をちょっと便利にする「プレミアムサービス」についてご説明いたしましたが、今回は「アイテム作成機能」および「ダンジョンアタック」についてです。

▼関連記事
クラファン中のルルムフの機能について解説!①

 プレミアムサービスは主にプレイヤー向けのサービスですが、「アイテム作成機能」と「ダンジョンアタック」についてはプレイヤーだけでなく、運営者向けの情報もお伝えいたします。
●アイテム作成機能

アイテム作成機能は、キャラクターが「装備」や「アイテム」などを作るための機能です。  この機能で作成した各種アイテムは、キャラクターの強化だけでなく、友人や恋人、家族へのプレゼントとしても使えます。  なお、アイテム作成に必要な素材は、参加しているワールドはもちろん、アルパカコネクトが運営する各種イベントでも獲得できます。
 また、アイテムをオリジナルの名称や設定に変更する機能も備えています。  ※変更には、ワールドごとの設定に照らし合わせたうえでアルパカコネクト、あるいは運営者による承認を受ける必要があります。
 また、アイテム作成機能はプレイヤーのみならず、「運営者」にとっても便利な機能になるべく開発をすすめています。
 アイテムの管理には、データベースの調整や管理に関する知識を必要とします。《ルルムフ》ではその負担を軽減するために、アイテム作成に関連する管理画面やアイテム作…

クラファン中のルルムフの機能について解説! ①

●はじめに  こんにちは、アルパカコネクト運営です。
 はじめに、御礼申し上げます。
 2019年9月27日に「Campfire」さんで開始した「ルルムフ開発プロジェクト」のクラウドファンディングですが――なんと、10月9日に目標額の200万円を達成いたしました!

 わずか13日での達成という快挙です。皆さまの多大なるご支援と拡散へのご協力に、スタッフ一同厚く感謝申し上げます。
「ルルムフ」のクラウドファンディング自体はまだまだ続きますが、皆さまの期待に応えられるよう、開発に邁進してまいります。今後ともよろしくお願い申し上げます。



●『アルパカコネクトTV』 2回目放送 アルパカコネクトの公式番組『アルパカコネクトTV』の第2回目をTwitcasにて配信させていただきました。ご視聴くださった方々には改めてお礼を申し上げます。
 今回の放送では、本blogおよびTwitterを通じて公開した内容として、PBWとはなにか、マスターおよびクリエイター報酬とワールド0についてのおさらいをいたしました。
 その後、クラウドファンディングの目的でもある「ルルムフの追加機能」について発表し、皆さまよりお寄せいただいた質問にお答えいたしました。
 見逃した方やもう一度見直したい方は、以下のURLからライブ履歴をご覧いただけます。
▼アルパカコネクト公式Twitcas 第2回ライブ履歴
https://twitcasting.tv/c:alpaca_connect/movie/571492317

 今回の配信は内容が盛りだくさんであり、1時間と長時間に渡りました。視聴の時間が取れない方のために、本blogでも「ルルムフの追加機能」についてご説明いたします。

 今回は「プレミアムサービス」についてです。


●ちょっと便利な「プレミアムサービス」!
「プレミアムサービス」とは、加入することでさまざまな機能を利用できるようになる有料サービスです。
 PBWのゲームそのものには大きく関わりませんが、ちょっとしたときに便利な機能を複数まとめてご提供します。
 以下、機能ごとにに解説いたします。

クリエイター受注状況通知システム
 クリエイター受注状況通知システムは、ユーザーの発注をサポートする機能です。
 ユーザーは、受注開始を知りたいクリエイターを「コールシステム」(仮称です)に登録しておくこ…

PBWワールド0追加情報! 『世界設定』と『種族』を公開

●はじめに こんにちは、アルパカコネクト運営です。

 今回のアルパカコネクトblogは、2020年4月スタート予定の2つのPBWワールドのうち、ムジカ・トラスWDが担当する『ワールド0:剣と魔法のハイファンタジー』についての情報公開となります。

 ワールド0は「シナリオ」を核としたワールド。プレイヤーの皆さんが生み出したキャラクターの成長と活躍が、世界全体に影響を及ぼしていく――そんなPBWならではの「世界に関わる」楽しみを味わえるワールドです。

 前回の記事では世界観のジャンルのみの提示でしたが、今回は世界設定に踏み込んでお伝えします。制作中のグラフィックのご紹介もありますよ!

▼関連記事
PBWプラットフォーム開発予定&ワールド0の世界観を一挙公開!

●剣と魔法のハイファンタジー! PBWワールド0の世界観 創造神が『エーテル』と呼ばれる澱から作りだし、数多の神々の手によって動植物やヒトが生まれ、歴史を刻んできた大陸――ワールド0の舞台は、そんな西洋風ファンタジー世界です。

 その大陸は3つの大国と、諸種族が治める領域、そして、さまざまな神や伝承・逸話を有した都市国家的コミュニティや集落からなります。

 極北に住まうとされる『征竜』の盾を称する、能力至上の絶対主義国家『帝国』。
 肥沃な大地と精強な騎士団を誇り、貴族を中心とした国政を行う封建制国家『王国』。
 そして、優れた海運と陸運技術で大陸随一の富を築き上げている『通商都市同盟』。

 これら3つの大国が大陸を支配し、周辺をさまざまな種族や都市国家が取り巻いている……というのが、現在の状況です。
 プレイヤーキャラクターたちは、そんな大陸を舞台に、世界を襲う未曾有の危機に対抗していくことになるのです。

 イメージを膨らませていただけたでしょうか? これからも順次情報を公開していきますので、今後の更新にご期待くださいませ!

●ハイファンタジーの醍醐味! 世界を彩るさまざまな種族 ハイファンタジーといえば、たくさんの種族が登場するのが魅力と考える方も多いのではないでしょうか。今回は、実装が決まっている6つの種族を公開します!
1.ヒューマン ヒト。舞台となる大陸において最大の人数を誇る種族です。主要3国の王族、貴族、元首の全員がヒューマンですが、農民などの労働者階級においても多数を占めます。あまたの神々をいただくこの…

100年先もPBWを残すため 「アルパカコネクトCF」が始動!

●はじめに  こんにちは、アルパカコネクト運営です。  昨日9月26日に、アルパカコネクトの公式生放送番組『アルパカコネクトTV』をTwitcasにて配信させていただきました。ご視聴くださった方々には、改めてお礼を申し上げます。  今回の放送では、これまでに発表してきた汎用型PBWプラットフォーム『ルルムフ』や、PBWワールド0およびワールド1についてのおさらいをしながら、皆さまよりお寄せいただいた質問にお答えいたしました。  見逃した方やもう一度見直したい方は、以下のURLからライブ履歴をご覧いただけます。 ▼アルパカコネクト公式Twitcas https://twitcasting.tv/c:alpaca_connect/movie/569238127  さて今回のblogでは、アルパカコネクトの新たな試みについてお知らせします。  それは……「クラウドファンディング」です!
●100年先もPBWを残すためのクラウドファンディング  ご存知の方も多いとは思いますが、簡単に「クラウドファンディング」についてご説明させていただきます。クラウドファンディングとは、成し遂げたい目標を掲げた個人や団体がインターネット上でその詳細や意義を説明し、それに賛同する支援者を広く募集する仕組みです。  実は「100年先もPBWがしたい」という目標を持ってアルパカコネクトを立ち上げたとき、「ぜひ支援したい」という大変ありがたいお申し出を複数いただきました。  現在発表済みのサービスを開始できる資金は準備したうえでアルパカコネクトを設立いたしましたが、汎用型PBWプラットフォームという構想を実現するためには、大がかりなシステム開発、大量の素材などさまざまなものが必要です。ご支援をいただけるのであれば、正直に申し上げてとても助かります。  しかし、どのようにご支援をいただくかが問題でした。PBWはゲームであり、コミュニティでもあるため、閉鎖的な形でのご支援は避けるべきことのように思いました。  そこで考えたのが、クラウドファンディングでした。  ただご支援をいただくだけでなく、さまざまな返礼品も用意し、アルパカコネクトの考えに賛同してくださる皆さまの間でイベント的に楽しんでいただけたら……そんな思いで、クラウドファンディングプロジェクト『《汎用型PBWシステム》「ルルムフ」開発用クラフ…

ワールド1の遊び方を説明します!

●はじめに
 こんにちは、アルパカコネクト運営です。

 今回のアルパカコネクトblogは、2020年4月スタート予定の2つのPBWワールドのうち、『ワールド1:都市型現代伝奇』についての情報公開となります。

 以前の情報公開にて、ワールド1は現代日本の大都市をモデルにした世界観であることや、プレイヤーキャラクター作成の自由度が高いことなどをお知らせいたしました。
 今回の記事では、ワールド1の「遊び方」について、より詳しい情報をお届けします。

▼関連記事
 →気になる世界観は? ワールド1の情報を発表!

●『PBWワールド1:都市型現代伝奇』は、ノベルで紡がれる世界
 ワールド1は、イラスト・ボイス・ノベル受発注コンテンツの「アルパカテーラー」を活かしたワールドです。その中でも特に「ノベル」の比重が大きいのが、ワールド1の最大の特徴といえるでしょう。

 すでにPBWで遊んだことがある方ならご存知かと思いますが、現在、多くのPBWのメインコンテンツは「シナリオ」です。
 プレイヤーキャラクターはマスターの作成したシナリオを読んで、集まった仲間と共に解決に挑み、キャラクターの物語を残していきます。

 しかしワールド1では、ストーリーの進行はシナリオの代わりに「ノベル」が担います。シナリオはマスターが作成して参加者を「募集」するものですが、ノベルはプレイヤーがライターに「発注」するもの。どんな事件に遭遇するのか、どんな敵と戦うのかなども含め、世界観に沿ってさえいれば、好きな内容の物語を残すことができます。
 また友達と一緒にノベルを発注すれば、同じ物語に同行することも思いのままです。

 PBWですから行動の成否には判定が行われますが、シナリオ型のコンテンツよりずっと自由度が高いといえます。
 こうしてプレイヤーがノベルを発注することでキャラクターの物語が綴られ、世界観に参加していくのです。

●PBWの醍醐味! シェアード・ワールドもしっかり楽しめる
 ノベルの特徴は自由度の高さですが、せっかく同じ世界観に参加していても、プレイヤーキャラクターが各々ばらばらの物語を綴ってばかりでは寂しく感じる場合もあるでしょう。

 そのため、ワールド1では一定期間ごとに世界情勢の更新が行われるとともに、ノベルテーマが更新されます。これは「お題」のようなもので、テーマに沿ってノベルの発注を行…

ルルムフの画面を少しだけ公開!

●はじめに
 こんにちは、アルパカコネクト運営です。

 今回のアルパカコネクトblogは、開発中の汎用型PBWシステム『ルルムフ』についての情報公開となります。

 以前からお知らせしている通り、アルパカコネクトのPBWは、すべて汎用型PBWシステム『ルルムフ』というひとつの仕組みによって構築されます。その中から今回は、開発中の「画面デザイン」を少しだけ公開します。

●画面デザインを考えるにあたって
 アルパカコネクトの願いは「100年続くPBW」。そのためには、画面デザインも時代に合わせて適宜アップデートしていくことが必要です。
 それは見た目上の流行り廃りの問題ではなく、人々の生活スタイルの変化やデバイスの変化に応じて、使う人に寄り添うデザインが、PBWにも必要だということです。

 一方、あまりに新しい画面デザインを採用すると、これまでのPBWサービスとかけ離れすぎてしまうのではないか。使う人を戸惑わせてしまうのではないか。……そんな心配もありました。

 最終的には、「今考える、PBWの遊びやすさ」を第一に、フラットな目線でデザインすることにしました。その結果、既存のPBWサービスとは印象が大きく異なるところもありますが、すべてアルパカコネクトの考える「PBWの遊びやすさ」を目指したものです。

 シンプルに、フラットに、遊びやすさを追求した画面デザインにすること。それが、まだこの遊びを知らない人たちにまでPBWを届けることにもつながると思います。

●汎用型PBWシステム『ルルムフ』の画面デザイン
それではいよいよ、汎用型PBWシステム『ルルムフ』の画面デザインをお見せしましょう。(※画面はすべて開発中のものです)


 こちらがパソコン用のワールドトップ画面。デザインの基本方針は、「PBWのさまざまな遊び方を受け止められること」です。
 PBWの遊び方には幅があり、何を重視するかはプレイヤーさんによって異なります。そしてアルパカコネクトは、どんな遊び方も受け入れられる場でありたいと思っています。

 そのため、シナリオに参加したい人、交流したい人、また初めての人など、それぞれの目線で、できるだけ手間なく目的を達成できるよう考えました。
 たとえば参加中のシナリオがある場合、画面右上にブックマーク的に表示されますので、ワールドログイン直後、すぐシナリオ相談画面にアクセ…

気になる世界観は? PBWワールド1の情報を発表!

●はじめに
 こんにちは、アルパカコネクト運営です。

 先日、弊社代表・井上ラーが、合同会社フロンティアファクトリー(http://frontierf.com/)さんの運営するツイキャス『ぷれい・ばい・うぇ~ぶ』に出演させていただきました!
 放送内ではフロンティアファクトリーの桂木京介マスターをナビゲーターに、井上がアルパカコネクトを立ち上げるに至った理由や、今後の展望などについて触れています。Youtubeでアーカイブ化されていますので、聞き逃した方もぜひ覗いてみてください。

 ■放送アーカイブはこちら:https://www.youtube.com/watch?v=3YkJccWMNaY

 さて今回のアルパカコネクトblogは、弊社統括ディレクターのSeiこと狸穴醒が担当する、「ワールド1」についての情報公開となります。
 2020年4月にサービスを開始するアルパカコネクトでは、初期ワールドとしてワールド0とワールド1の2つを公開する予定です。ムジカ・トラスさんの担当するワールド0は、すでにお知らせしているとおり「剣と魔法のハイファンタジー」。一方のワールド1は、どんな世界になるのでしょうか?

●2つのPBWワールドを立ち上げる理由とは
 世界観を公開する前に、サービス開始にあたって2つのワールドを立ち上げることにした理由を、少しだけお話しさせてください。

 世界観が2つということは、準備しなければならないものも単純に2倍。『ルルムフ』のシステム開発も同時にしなければなりませんから、なかなか無謀な挑戦に見えるかもしれません。
 ですが、それでも2ワールドでのスタートを目指しているのは、アルパカコネクトが「PBWのさまざまな遊び方を受け止められる場でありたい」という思いからです。

 PBWにはさまざまな遊び方があり、重視するポイントも参加者の数だけあって、本来そこに正解も不正解もありません。
 アルパカコネクトが最初に提供する2つのワールドは、どちらも『ルルムフ』で構築していますが、雰囲気も、ゲームシステムも、遊びのサイクルも全く異なります。ぜひ、自分に合いそうな世界を選んでみてください。
 そして異なる世界観を楽しんでいただくだけでなく、『ルルムフ』システムの可能性の幅までも伝えられたら本望です。

 今後、運営者さんを一般から募集できる段階になれば、きっとも…

PBWプラットフォーム開発予定&ワールド0の世界観を一挙公開!

「こんにちはパカ! アルパカ社長パカ!

 今日はアルパカコネクトの開発状況について社内の誰かに書いてもらったパカ!
 PBWの開発ってひとくちに言っても色々あるパカからね~~……  あるパカ……からね~~……fefefe……(´ε` *)
 ……じゃ! どうぞパカ!」



●はじめに
 お世話になっております。アルパカコネクト運営です。
 今後、当ブログでは継続的にPBWについて扱うことになりますが、今のところ、すでにPBWを遊んでいらっしゃる方やPBWに関わっている方が読まれることが多いかなと思いますので、まずはPBWシステムとしての「アルパカコネクト」の開発目標や、開発予定、それから、現在の状況を書かせていただきます。


 先日公開したティザーサイトにもありましたとおり、アルパカコネクトでは4つのユーザーを想定しています。
 【プレイヤー】、【マスター】、【クリエイター】、それから、【運営者】です。
 特に反響の大きかったものが【運営者】だったように思いますので、今回はこちらに関わるお話として、今後の開発目標について、まず触れようとおもいます。
また、今回の記事では『最初のワールド』のひとつである、ムジカ・トラスさんが担当するワールドについても触れますので、よろしくおねがいしますね。


●アルパカコネクトの開発目標について
 『100年先も、PBWしたい!』

 この目的を達成するために、弊社では『手軽にPBWのワールドを作ることができる』サービスを目指すことにしました。
それが、『ルルムフ』です。

 PBWにはたくさんのシステムが必要です。
 誰かと交流するための掲示板やチャット。シナリオコンテンツ。クリエイター関連商品の受発注システム。ショップや、アイテム関連のコンテンツなど、実に多岐にわたります。
 これらのシステムのなかで、『あなたのワールド』に必要なものを採択し、リリースできるようにする――というものが、『ルルムフ』の概略になります。

 もちろん、これだけの仕組みを最初につくるのはかなり大変なので、弊社では『小さく作って大きく育てる』……リーン・スタートアップという方式を選びました。
 まずはPBWとして必要な要素を揃えながら、いくつかのPBWを作り、そのなかで掲示板やシナリオ、その他もろもろのモジュール単位でフィードバックを掛けていき、最終的に『ルルムフ』にたどり着く…

人気の投稿

PBWワールド0追加情報! 『世界設定』と『種族』を公開

100年先もPBWを残すため 「アルパカコネクトCF」が始動!

ルルムフの画面を少しだけ公開!