投稿

8月, 2019の投稿を表示しています

PBWプラットフォーム開発予定&ワールド0の世界観を一挙公開!

「こんにちはパカ! アルパカ社長パカ!

 今日はアルパカコネクトの開発状況について社内の誰かに書いてもらったパカ!
 PBWの開発ってひとくちに言っても色々あるパカからね~~……  あるパカ……からね~~……fefefe……(´ε` *)
 ……じゃ! どうぞパカ!」



●はじめに
 お世話になっております。アルパカコネクト運営です。
 今後、当ブログでは継続的にPBWについて扱うことになりますが、今のところ、すでにPBWを遊んでいらっしゃる方やPBWに関わっている方が読まれることが多いかなと思いますので、まずはPBWシステムとしての「アルパカコネクト」の開発目標や、開発予定、それから、現在の状況を書かせていただきます。


 先日公開したティザーサイトにもありましたとおり、アルパカコネクトでは4つのユーザーを想定しています。
 【プレイヤー】、【マスター】、【クリエイター】、それから、【運営者】です。
 特に反響の大きかったものが【運営者】だったように思いますので、今回はこちらに関わるお話として、今後の開発目標について、まず触れようとおもいます。
また、今回の記事では『最初のワールド』のひとつである、ムジカ・トラスさんが担当するワールドについても触れますので、よろしくおねがいしますね。


●アルパカコネクトの開発目標について
 『100年先も、PBWしたい!』

 この目的を達成するために、弊社では『手軽にPBWのワールドを作ることができる』サービスを目指すことにしました。
それが、『ルルムフ』です。

 PBWにはたくさんのシステムが必要です。
 誰かと交流するための掲示板やチャット。シナリオコンテンツ。クリエイター関連商品の受発注システム。ショップや、アイテム関連のコンテンツなど、実に多岐にわたります。
 これらのシステムのなかで、『あなたのワールド』に必要なものを採択し、リリースできるようにする――というものが、『ルルムフ』の概略になります。

 もちろん、これだけの仕組みを最初につくるのはかなり大変なので、弊社では『小さく作って大きく育てる』……リーン・スタートアップという方式を選びました。
 まずはPBWとして必要な要素を揃えながら、いくつかのPBWを作り、そのなかで掲示板やシナリオ、その他もろもろのモジュール単位でフィードバックを掛けていき、最終的に『ルルムフ』にたどり着く…

「100年先もPBWしたい!」アルパカコネクト所信表明

皆さまこんにちは。はじめましての方、そうでない方、それぞれにいらっしゃると思います。  アルパカコネクトの井上ラーと申します。  僕がPBW(プレイ・バイ・ウェブ)をはじめたのは大学3年生のころでした。それから10年ほど、この遊びを続けています。  そのなかで、いろいろな経験をしました。

 誰かの発想や着想で物語が大きく動いたり、マスターがそれを動かすさまを目にしたり。  僕のキャラクターを誰かに信じてもらったり、嫌われたり、ライバルができたり、好んでもらったり。 誰かが物語の展開に悲しんだり、喜んだり、クリエイターが手がけた作品に歓呼するさまを目にしたり。  たくさんの友人やクリエイターの方々と出会って長いつきあいになったり、そっと消息がわからなくなったり。  楽しかったこと。悲しかったこと。大成功や、大失敗も含めて、PBWをとおして得たものがたくさんあります。

 PBWという遊びは複雑で、PBWという業界を取り巻く環境も、クリエイターを含み僕たちの生活も、目まぐるしく変化していっています。そのなかで、この愛おしい遊び場を未来に残し続けるために、僕たちはこの会社を興しました。PBWで出会った仲間たちと共にこんなことをはじめるとは夢にも思っていませんでしたが……これもまた、僕にとってはPBWの醍醐味で、宝のひとつです。そういう場所を築いていけるよう、励むつもりです。

 最後に、プロジェクトを立ち上げたとき、メンバーのひとりが書いてくれた”Introduction”から引用して筆を置こうと思います。  これが、100年先まで残る、僕たちのソウルとなりますように願いを込めて。

”それでも我々は、この遊びがずっと続いてほしいと願う。 10年先も、20年先も、我々がこの世を去ったあとも、 誰かが誰かと物語の世界を冒険していてくれたら、とても素敵だ。

100年先もPBWを遊びたい。 そんな願いのもとに、我々は、本プロジェクトを立ち上げる。”

人気の投稿

PBWワールド0追加情報! 『世界設定』と『種族』を公開

100年先もPBWを残すため 「アルパカコネクトCF」が始動!

ルルムフの画面を少しだけ公開!